2019年2月18日月曜日

MusicBeeとfoobar2000

撮った人
α6500 & SIGMA 56mm F1.4 DC DN

 今までパソコン用の音楽再生ソフトはfoobar2000を使っていたのですが、MusicBeeも併用し始めてみました。
 どちらも良いソフトウェアですが、大雑把に言うと、MusicBeeの方が設定が簡単で、Foobar2000の方が隅々まで自分好みに手を入れていける印象。一長一短ありので用途に応じて使い分けています。
 以下、簡単にそれぞれの長所と短所をまとめたいと思います。

MusicBee

良いところ
  • デザインがfoobar2000に比べて良い。特に初期設定は段違い。
  • 異なる階層のフォルダを一覧でブラウズできる。
  • アートワークの取得・設定やタグの修正がやりやすい。
  • 再生キューが見やすい。
  • Android用のリモコンアプリ(完全無料)がありスマートフォンで操作できる(要プラグイン)。
もう一歩なところ
  • 表示項目についてFoobar2000ほど細かく設定できない。コーデックの種類、サンプルレート等々。
  • DSDをネイティブ再生できない。

foobar2000

良いところ
  • 表示を自分好みに細かく設定できる(プラグインを入れて丁寧に設定していけば)。コーデックやサンプルレートを選択してアルバムリストを絞り込むような設定も可能。
  • DSDのネイティブ再生が可能(要プラグイン)。
  • Android用のリモコンアプリがありスマートフォンで操作できる(要プラグイン)。リモコンアプリは数種類あり、広告付き無料または有料(110円)。
もう一歩なところ
  • 自分の好みに設定するにはそれなりに知識(あるいは検索)と時間が必要。
  • アートワークの取得・設定の容易さはMusicBeeに比べると劣る。

結論

 結局、一長一短で絞りきれず、アートワークやタグ編集などではMusicBee、再生はfoobar2000、というように使い分けをしているところです。
 加えて、手持ちCDのリッピングにはいまだにiTunesを使っているので(CDの購入が減ったので使うことは激減しましたが)、3つのソフトウェアを併用中という次第です。

2019年1月26日土曜日

ピントとボケ

目を逸らす
α6500 & SIGMA 56mm F1.4 DC DN

 自分の撮る写真はピントが合っている部分の画面に占める割合が非常に小さいものが圧倒的に多いので、「レンズを選ぶときはボケが好みのものを選ぶべきなのだろうな」とふと思い、その直後に、「いやいや、やっぱりその僅かなピントがピシッとしたものを選ぶことの方がボケとの対比で大切なのかな」、と揺れ動く。

 写真はカメラ目線を頑なに拒否するユリカモメたち。

2019年1月19日土曜日

万年筆用のインクを使えるエルバンのボールペンを購入しました

枯蓮
α6500 & FE 85mm F1.8 SEL85F18

 年末に手持ちの万年筆の一斉清掃をしました。片端からインクを抜いて流水で洗い流した後、1日水に漬け置きして固着したインクをじっくりと水に溶かし、水を切ってしっかり乾燥させてから再度インクを入れ直します。

 で、入れ直しまできたところで残っているインクの多さに改めて気付きまして。
 残された人生がどれほどあるかわかりませんが、あまりにインクを残しまくりというのも気が引けますし、かといって万年筆を使う場面もそれほど増やせそうにないですし、ローラーボール(水性ボールペン)ならもっとガシガシ使えるかな、ということで万年筆用のインクを使えるエルバンのコンバーター付きボールペンを購入してみました。

 使い方は簡単で、付属のコンバーターでインク瓶からダイレクトにインクを吸入して、ペン本体に差し込むだけです。

 万年筆用インクが使えるローラーボールとしてエルバンのものは以前から知っていたのですが、他にもないかなと改めて検索して探してみると、ありそうで案外ないですね。意外なブルーオーシャンです。同じものだとインクを入れ間違えそうなので他のメーカーも出してくれるとよいのですが。

2019年1月9日水曜日

1月2日、紅葉とチューリップ

チューリップ
α6500 & FE 85mm F1.8 SEL85F18

 上のチューリップと下の紅葉。
 どちらも1月2日に上野公園内で撮影した写真です。
 季節の境目がというものが少しずつわからなくなってきましたねぇ。

紅葉
α6500 & FE 85mm F1.8 SEL85F18

2019年1月6日日曜日

最後は神頼み

飛翔
α6500 & FE 85mm F1.8 SEL85F18

 あっという間に三が日も過ぎまして、ウォーキングのついでにあちこちの神様にお参りする日々です。
 人事を尽くしたあとは(あるいは尽くした気分になったあとは)、もう神頼みしか手立てございません。
 なんとかうまく羽ばたき、飛び立てるとよいのですが。

2019年1月3日木曜日

あけましておめでとうございます

冬桜
α6500 & FE 85mm F1.8 SEL85F18

 新年最初の一枚を何にしようかと考えまして。
 せっかくなのでお目出度そうなお花の写真を載せました。
 皆様(と自分)に多くの幸あらんことを。

2018年12月31日月曜日

ダロワイヨの「ノエル・ヌヌルス」というクマのぬいぐるみの形をしたクリスマスケーキについて

ケーキ
α6500 & SIGMA 56mm F1.4 DC DN

 クマのぬいぐるみのように見えますが、ダロワイヨの「ノエル・ヌヌルス」というクリスマスシーズン限定のチョコレートケーキです。”ヌヌルス”というのはフランス語で「クマのぬいぐるみ」を意味するらしいです。
 この商品はクリスマスシーズン限定ですが、茶色の「ヌヌルス」や白色の「ヌヌルス・フィーユ」は通常商品であるようですね。

 毛並みの質感が素晴らしく本物のぬいぐるみみたいで(どうやって作っているのでしょうね)、ナイフを入れて切り分けるのになかなか勇気のいるケーキです。
 ちなみに、顔を食べるにしのびなく首から下を取り分けると、余計にスプラッタになってしまうという罠が待ち受けています。
 なんだかんだ言いつつも、結局、ぺろりと平らげてしまいましたが。

2018年12月29日土曜日

iFI Audio micro iTube2 をプリアンプとして使ってみる

風船売り
Ricoh GR

 私のオーディオ環境のメインDACは「iFi Audio micro iDAC2」でですが、サブとしてRaspberry Pi + msBerryDacも使用していまして、こちらの系統には色付け的に真空管バッファアンプ「iFi Audio iFi micro iTube2」をアンプ(パイオニアのA-70DA)との間に挟んでいます。

 これはこれで気に入っていたのですが、iTube2はプリアンプとしても使える上に、A-70DAには”Power Amp Direct” という名前のとおりプリ部分を飛ばしてパワーアンプとして使う機能がありますので、試しに接続方法を変えてiTube2をプリアンプとして使ってみました。
 iTube2からの出力をA-70DAのPower Amp Direct専用のRCA端子に繋ぎ、iTube2のディップスイッチをプリアンプ用に設定し、A-70DAのPower Amp DirectボタンをONにします。ちなみに、Power Amp DirectではA-70DAのボリュームは効かなくなり、音量調整はプリアンプであるiTube2側で行います。
 
 で、この設定で聴いてみるとこれがかなりいいです。
 バッファアンプとして使うよりも、特に弦楽器やボーカルの味付けが増すように思います。
 加えてiTube2にはXBass+という低域を増強する機能もあるのですが、これを使うとブックシェルフスピーカーでもコントラバス(ベース)がご機嫌に聴けます。私の好きな曲にHolly Coleさんの”One Trick Pony”という冒頭の弾むようなベースが印象的な曲があるのですが、これが実に素晴らしく愉しめました。
 いわゆるピュアオーディオというのとは異なりますが、個人的には音楽がしっかり楽しめればそれでいいので、満足です。

2018年12月28日金曜日

SIGMAから Merrillシリーズ、Quattro シリーズ用のRAW現像Photoshop プラグインが公開されました

海
SIGMA DP2 Merrill

 SIGMAからDP Merrillシリーズ、dp Quattroシリーズ、SD1/SD1 Merrill、sd Quattro シリーズのRAWデータ(X3Fファイル)の現像用のPhotoshop CC用プラグインが公開されました(SIGMA X3F Plug-in for Photoshop® | カメラ製品 | ダウンロード | SIGMA GLOBAL VISION)。
 SIGMAのデジカメのRAW形式であるX3Fファイルは、Merrillシリーズ以降はAdobeのソフトウェアでは現像できなかったので、誠に喜ばしい限りです。

 ただ、実際使ってみると、現像というよりもファイルを開くだけというのに近く、プラグインから設定できる現像の際のパラメーターは「カメラの初期設定」、「撮影時の設定」、「SPP保存時の設定」のいずれかを選ぶ以外は「X3 FIll Light」のみ。色温度すら選べません。もうちょっとどうにかならないものか。

 あと、Lightroom用のプラグインも出していただけないでしょうかねぇ。
 ファイル管理は、やっぱりLightroomが一番使いやすいので。

2018年12月23日日曜日

椿

椿
α6500 & SIGMA 56mm F1.4 DC DN

 これから咲こうとする椿の花。
 深い緑の葉が淡いピンク色の花弁と黄色いシベの美しさを引き立てる。