2019年8月11日日曜日

初めてのガラスペン

ガラスペン
α6500 & SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO Art

 ガラスペンを購入しました。
 以前から気になっていた「ガラス工房 まつぼっくり ガラスペン ツブツブ ゴールド 純金粉入り tb-gold F(細字)」がAmazonでなぜか5,376円で販売しておりまして。
 普通は1万円以上するので、思わずポチッとしてしまいました。他の色はもっと高かったので、この色だけ人気がなかったのですかね? Amazonのシステムはよくわかりません。

初めてのガラスペン

 ガラスペンはつけペンです。インクにペン先を浸すとペン先の溝に毛細管現象でインクが溜まります。
 この溜まったインクが美しく、テンションが上ります。
 ガラスペンを使うのは初めてだったのですが、意外と普通のペンと変わりなく、それほど違和感なく使えます。少しカリカリとした感触はありますが(細字ということもあるかも)、これはこれで悪くない。
 線の強弱はつけづらいですが、逆に言えば少しぐらい力が入っても一定の太さの線が引けるので、細かく書き込むのみは向いていそうです。

 ペン先のインクだけで書くのですが、インクは意外と持ちます。
 インクが切れてくると、カリカリ感が強くなってきます。インクが紙とペン先の摩擦を減らしているのですね。

ガラス工房まつぼっくり

 ガラス工房 まつぼっくりさんのこの「ツブツブ」シリーズのガラスペンは、見た感じからの想像よりも軽いです。軸の中心が中空構造になっているようです。
 ペン先の根本のところが周囲より膨らんだ六角形になっています。そのまま机の上に置いてもペン先が浮くのでペン置きが不要で、かつ転がることもないのが嬉しいです。

ガラスペンは楽しい

 ガラスゆえの透明感がインクを美しく映えさせ、書くのが楽しくなります。
 加えて、水で洗い流せばすぐに違うインクを使えるのもよいです。
 余っている万年筆用インクを消費するのにぴったりなので、ガシガシ使っていきたいと思います。

2019年8月4日日曜日

GaN(窒化ガリウム)採用のUSB-PD充電器を購入しました

グラス
Ricoh GR

 「RAVPower 61W USB-C 急速充電器【GaN (窒化ガリウム) 採用/折畳式/PD 3.0対応】」を購入しました。

 普段持ち歩いているノートパソコン(LG gram 13Z980-NA77J)用に小さくて軽い充電器が欲しくて。何しろ付属の充電器は巨大で重いのです。

 幸い、このノートパソコンは USB-PD での充電に対応しているので、軽いものを物色していたのですが、話題のGaN(窒化ガリウム)充電器は高くて購入に踏み込めないでいたところ、Amazonで20%引セールをやっているのを見つけて(3,839円也)、思わず購入してしまいました。

 49mm×49mm×32mmで105g。物凄く小さくて軽いです。素敵。

2019年7月20日土曜日

夏、でしたよね。

なます
Ricoh GR

 暑い時期には膾が美味しく感じられる、はず。
 それにしても、ちっとも暑くなりませんな。

2019年7月18日木曜日

Flickrの残り枚数が少なってきた

食前酒
Ricoh GR

 Flickrの無料アカウントのアップロード制限は1,000枚。現在のアップロード数は935枚で、残りは65枚。

 そろそろ、これが尽きたあとのことを考えなくちゃいけないな。

2019年7月7日日曜日

『フォトグラファーのためのカラーコレクションレシピBOOK』を購入しましたので感想など

多肉植物
α6500 & SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO Art

 『フォトグラファーのためのカラーコレクションレシピBOOK』を購入しました。
 Lightroom Classic CC を使って自分好みのカラーコレクション(色補正)をするためのノウハウが記載された本です。
 Chapter 1 がカラーコレクションのためのLightroomの機能の解説、Chapter 2 がシネマティックトーンのカラーコレクション、Chapter 3 がフィルム調のカラーコレクション、となっています。
 153種類とかなり豊富な例が出ていますので、かなり読み応え試し応えもあります。

 カラーコレクション的なプリセットは有料・無料含めて色々と出ていますが(VSCOのように今は亡きものもありますが)、好みのものは自分で作ってプリセットとして保存しておいてもいいですね。

 現像ソフトにLightroom以外を使っている人も、使っている機能自体は他の現像ソフトでもあるものがほとんどですので、問題なく応用できるかと思います。

2019年6月2日日曜日

セダム

セダム
α6500 & SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO Art

 多肉植物のセダムの中にはグランドカバー向きの品種もありまして、なんとなく土の上に置いておくと、いつの間にやら根が出て広がって増えていきます。

 空いた鉢で適当に増やしておくと、寄せ植えの隙間を埋めるのにとても便利。
 乾燥に強いですが、かといって他の植物に合わせて水遣りをしても枯れることもなく、背丈も高くならず、黄色い花は咲きますが小さく地味で目立たず、脇役に徹してくれます。

2019年5月26日日曜日

「TeraとRojiと 谷根千クラフトフェア 」を巡ってきました

ウチワサボテン
α6500 & SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO Art

 昨日(5/25)・今日(5/26)の2日間、谷中周辺で「谷根千クラフトフェア | TeraとRojiと」というイベントが開催されていまして、散歩がてらにぶらぶらとのぞいてきました。
 どんなイベントかといいますと、谷中周辺の幾つかのお寺さんなどを会場として、各種作家さんが手作りの工芸品などを販売するイベントです。

 暑くて会場を巡るのが大変でしたが、どの会場もなかなかの賑わいでした。

 上の写真は、その会場の一つ、延命院でお店を出していた「One Green」さんで購入したミニサイズのウチワサボテン。室内で飾るのに丁度よいかな、と思い購入。
 他にも素敵な陶器を販売していたところがあったのですが、値段をみて断念。
 作家さんの一品物と思えば適切な価格なのでしょうが、なかなか踏み切れませんな。

2019年5月12日日曜日

Mother's Day

カーネーション

 カーネーションの種類も増えましたね。

2019年5月1日水曜日

北鎌倉の円覚寺内にあるカフェ「如意庵茶寮 安寧」が素晴らしい

円覚寺
α6500 & FE 85mm F1.8 SEL85F18

 北鎌倉駅のそばに円覚寺という有名なお寺があります。
 先日、北鎌倉にいく用事がありまして、ついでに、ぶらぶらと見学してきました。

 駅から階段をぐいぐい登っていくと、美しい新緑に迎い入れられます。
 広いお寺な上に鎌倉らしく高低差がかなりあるので、太り気味の私には結構しんどいです。
 以前から痛めていた右足がつらくなってきたところで、「安寧」という看板を見つけました。生花が飾られていて趣があります。毎日取り替えているのでしょうかね。

看板
Ricoh GR

 この看板の雰囲気に惹かれて階段を登っていくと、何やらカフェらしき佇まい。如意庵という塔頭(「たっとう」と読みます。大きなお寺の境内に建てられた塔や庵のことです)がカフェとして営業しているとのことでした。

 店内(庵内)は暗めでとても落ち着いています。
 庭に面する小テーブル(2人席)の椅子席と、畳に座る広めのテーブル席がありました。
 おすすめは庭に面した席です。
 この日は雨模様だったのですが、お店に入りしばらくすると雨が上がり、ウグイスなどの小鳥が盛んに鳴きだしました。
 この声に耳を傾けて惚けていると、とても気持ちが落ち着いてきます。

 メニューは抹茶(季節の上生菓子付き)やぜんざい、あんみつなど、和のメニューが主体ですが、コーヒーなどの洋風メニューもあります。

 今回はあんみつを注文。1,000円でした。
あんみつ
α6500 & Sonnar T E 24mm F1.8 ZA SEL24F18Z


 
 ほうじ茶(お代わりの入ったポット付き)がついています。
ほうじ茶
α6500 & Sonnar T
E 24mm F1.8 ZA SEL24F18Z

 小さな紫陽花がお盆の上に飾られています。
紫陽花
α6500 & Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA SEL24F18Z

 上品なお味とほどほどの量で、休憩にはぴったりです。
あんみつ
α6500 & Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA SEL24F18Z

2019年4月23日火曜日

Kindle Oasis を購入しましたので感想など

ビルと女性
Ricoh GR

 Amazonの電子書籍リーダー『Kindle Oasis』を購入しました。メモリ8GBのWi-Fi版、広告なしのタイプです。
 今まで第3世代のPaperwhiteを使っていたのですが、もう少し画面が広いものが欲しくなってきまして、4月23日までのタイムセール祭りで6,000円引きでしたので、思い切って購入。

 高い製品ではありましたが、実際に使ってみますと、Paperwhiteに比べ、満足度はかなり高いです。
 まず、各種操作での反応速度が向上し、体感でのもっさり感が相当薄れています。
 画面が大きくなったのもいいですね。Paperwhiteの6インチサイズだとコミックの横持ち見開き表示は目にかなり厳しかったですが、Oasisは7インチ300ppiの電子ペーパーということで、かなり見やすいです。
  
 製品自体のデザイン・質感もPaperwhiteに比べると良いです。
 ボディーはアルミ合金製で、Paperwhiteより少し軽め。スクリーンと枠の間に段差がなくスマホのようになめらかでデザイン的にスッキリしています。
 正方形に近い長方形で、電源ボタンを上にして持つと右側にページめくりボタンが上下に並びます。
 このページボタンがある側のボディが厚くなっており、グリップしやすくなっています。バッテリーなどもここに入っていると思われます。片手で持つときは、グリップ側に重心がくることになるので疲れにくいです。
 右手でも左手でも持てるように、上下をひっくり返すと画面も自動で上下が入れ替わります。ページめくりボタンの機能もちゃんと上下入れ替わります。

 残念なところは1点だけ。
 ページめくりボタンを押すと、ハードウェア的にカチカチと音がするところ。読書中のカチカチ音は没入感を妨げます。好みの問題かもしれませんが、音がしないような仕様にしてほしかったですね。
 なので、読書中はもっぱらタッチでのページめくりをしています。
 かといって、ボタンがまったく無駄にしているわけではなく、ライブラリのスクロールのときはハードウェアボタンを使っています。スワイプとタッチの誤動作で作品詳細画面に行くことがないので、快適です。