2018年12月15日土曜日

Amazon Echo SpotからBluetooth接続で外部のスピーカーに繋いでみる

ネコ
α6500 & SIGMA 56mm F1.4 DC DN

 サイバーマンデーセールで購入したAmazon Echo Spot。日々愛用しています。
 で、しばらく使ってみて、スピーカーの音質が気になり始めました。ニュースを聞く用途には十分ですが、音楽を聴くには音質的にちょっと厳しいスかな、と。Amazon Musicが使えるのに、これでは宝の持ち腐れです。
 せっかくなのだから、もうちょっといい音で聴きたい。できれば普段使っているオーディオから流したい。

 ちなみに現在のオーディオ環境はこんな感じ。

  • 音源置き場(NAS): Synology DS418j
  • ネットワークプレーヤー: TinkerBoard + Volumio2
  • DAC:  iFi Audio micro iDAC2
  • プリメインアンプ: パイオニア A-70DA
  • スピーカー: Focal Aria906

 Echo SpotはLAN接続必須のだからAirplayなりDLNAなりに対応してくれればVolumio経由で繋げるですが、残念ながら非対応。なのでBluetoothで接続することにしました。Echo SpotのBluetoothの対応コーデックはSBCだけですが、Amazon MusicのビットレートはAACの256kbsですし(SBCの最高ビットレートは328kbs、ただしAACとは圧縮方法が違う)、Bluetooth接続で十分かな、と。

 今回、購入したのは「 TaoTronics Bluetooth トランスミッター & レシーバー 」という商品。名前のとおりBluetoothのトランスミッターにもレシーバーにもなります。ちなみに、付属品は、①USBの充電ケーブル(micro USB)、②TOSLINKの光ケーブル、③3.5mmのメス-RCAのオスのコード、④3.5mmのオーディオケーブル、です。光ケーブルが付属しているのがささやかに嬉しい。
 プリメインアンプのA-70DAはDAC内蔵のプリメインアンプで光デジタル入力もできるので、今回は光ケーブルでつなぎました。
 Echo Spot → Bluetoothレシーバー → DAC兼プリメインアンプ A-70DA → スピーカー Aria906 という流れになります。
 ちゃんとしたオーディオに繋いでやると、出てくる音はやっぱりEcho Spot本体から流すのとは雲泥の差です。
 EchoシリーズはAmazon Music Unlimitedに専用プランがあって月額380円で入れるのですが、これなら入る価値があるかな、と思い始めました。

 Bluetooth接続のひとつ残念な点は、音声をすべてオーディオ側で流すことになること。
 できれば、音楽だけはオーディオで流れ、それ以外のAlexaとのやりとりはEcho Spot本体側でやりとりできるといのですけどね。音楽を流している途中にAlexaに話しかけると音楽がストップしちゃいますし。やっぱりAirplayに対応して欲しいなぁ。

2018年12月9日日曜日

Amazon Echo Spot を購入したので感想など

窓辺
α6500 & SIGMA 56mm F1.4 DC DN

 Amazon の Cyber Monday セールで5,000円引きとお安くなっていたので「Amazon Echo Spot(エコー・スポット)」を購入してみました。
 そのままでは上下方向の角度を変えられないので、「Amazon Echo Spot用 角度調節スタンド」も併せて買っています。
 まだあまり使っていませんが、とりあえずファースト・インプレッション。

 Echo Spot は画面付きのスマート・スピーカーです。小さな画面ですが、応答状況が目で確認できるので安心ですし、時計代わりに置いておくにも便利です。
 レシピ関係のスキルでは作り方が映像で見られますし、ニュースなんかでも映像が見れますし、やっぱり画面がついているのはいいですね。
 ついでにカメラも付いていて、ビデオ通話もできるようです。
 音声への反応は思っていたよりもしっかりしています。試しにいろいろな方向から声を変えてみましたがどれもきちんと反応しましたし、音楽をかけている状態で話しかけてもしっかり聞き取ってくれました。

 何に使うのか、というとそれほど具体的な用途は考えていなかったのですが、タイマーとかアラームを声で設定できるのは意外と便利ですね。
 それと、朝の慌ただしい時間帯に、天気や電車の運行状況、ニュースなどの情報が手短に手に入るのはなかなかよろしいです。
 音楽を聴くには、音質的にもう一歩なのであまり使わないかも。できれば Airplay に対応してもらえるとありがたいのですけどね。そうすればもっとちゃんとしたスピーカーでAmazon Musicを流せるので。

2018年12月8日土曜日

SIGMA 56mm F1.4 DC DN Contemporary の感想(その2)

ランプ
α6500 & SIGMA 56mm F1.4 DC DN

 SIGMA 56mmF1.4DC DN Contemporary の感想その2。

 玉ボケが玉ねぎボケ(年輪ボケ)でなく綺麗にボケるのが嬉しいです。

 少し前のレンズですと非球面レンズを使うと玉ボケが年輪状になることが多かったのですが(SIGMAのArt 35mmでも年輪ボケが出たと思います) 、この価格帯のレンズでもこんな綺麗に玉ボケが出るようになったんだなぁ。吃驚です。

ランプ
α6500 & SIGMA 56mm F1.4 DC DN

2018年12月2日日曜日

東京藝術大学大学美術館の「コミテコルベール アワード 2018」を観てきました

オブジェundefined
α6500 & SIGMA 56mm F1.4 DC DN

 ウォーキングの途中で東京藝術大学の入口を通りかかったら、美術館で無料の展覧会をやっていたので覗いてみました。東京藝術大学大学美術館に入るのは初めての経験です。

 開催していたのは「コミテコルベール アワード 2018-現代における人と自然-」という展覧会です。副題のとおり「現代における人と自然」をテーマに制作されたアート作品が展示されていました。

 写真撮影OKでしたので(ビデオは不可)、気に入ったものを撮影したのが上の写真です。造形が好み。

 下の写真は静止画ではなんだかよくわからないと思いますが、古びた自転車がペダルの軸を中心にぐるぐる回ったり止まったりしている、というものです。その芸術性についてはうまく理解できませんでしたが、とりあえず動いていると愉しいですね。

回る自転車
α6500 & SIGMA 56mm F1.4 DC DN

2018年11月25日日曜日

SIGMA 56mm F1.4 DC DN を購入しました

コーヒー
α6500 & SIGMA 56mm F1.4 DC DN

 シグマの新レンズ「SIGMA 56mmF1.4DC DN Contemporary」を購入しました。ソニーのEマウント(APC-C)用です。
 DC DN Contemporaryシリーズの30mm F1.4 DC DN16mm F1.4 DC DNのどちらも良いレンズでしたので、これも迷わず予約購入です。
 このF1.4シリーズは、APC-Cの強みを活かした、大口径レンズなのにコンパクトサイズでお手頃価格という素晴らしいレンズシリーズ。
 ソニーがAPC-C向けレンズをあまり出さなくなった中、シグマがしっかりと良いレンズを出してくれるのはありがたい限りです。

 予約購入でしたので、もちろん、限定1,000個配布予定とのDC DN Contemporaryシリーズ3本が収納できる特製のオリジナル・レンズケース(LS-302S1A)付きのもの。ケースとレンズが一つの白い箱に入って到着しました。小型三脚でも入っていそうな、およそレンズの箱らしからぬ細長い箱で、一瞬、何か間違ったものを発注してしまったのかと思いましたよ。
 ちなみにこのケースは仕切り板がレンズケースでよくあるベルクロタイプではなく、3本のレンズにぴったり合わせて固定された、完全にDC DN Contemporaryシリーズのためだけのケースです。こういう尖った仕様がいかにもSIGMAらしいです。

 16mmよりもかなり小柄のレンズで、30mmよりも少し太く少し短いサイズ。重さは30mmよりも15gだけ重いですが、見た目では3兄弟の中で一番小柄。
 しばらくはこれをお供にお散歩などしようと思っています。

2018年11月18日日曜日

iFi micro iDACX2 と micro iDSD BL のファームウェアを5.30Cにアップデート

美容室
α6500 & SIGMA 16mm F1.4 DC DN

 iFI の micro iDAC2とmicro iDSD BLのファームウェアを5.30Cにアップデートしました。
 これによりミニマム・フェーズ・フィルター(Minimum Phase Filter)がGTOフィルター(Gibbs Transient Optimised Filter)に置き換わり、MQAレンダラーとしても機能するようになりました。

 GTOフィルターは「フィルターを短く、プリリンギングなしに保つことによって、フィルター・レスポンスが聞こえなく」なるようにしたフィルターだそうです。詳細はiFI-Audio.jpのBlogを御覧ください。英語版のテクニカルノートが日本語に翻訳されて掲載されています。

 GTOフィルターでは、PCM音源の再生時はGTOフィルターで8倍オーバーサンプリングが行われ352.8kHz/384kHzで再生されるそうです。8倍オーバーサンプリングはたぶん44.1kHz/48kHzの場合で、要は352.8kHz/384kHまでオーバーサンプリングされるということなのではないかと思います。

 今まではBitPerfectで聴いていました。オーバーサンプリングを行わないモードですね。
 最近のCD音源はオーバーサンプリングを行うことを前提に録音されているらしいので16bit/44.1kHzの音源を聴くのならGTOフィルターの方が良いのかなと思いつつも、時間がなかなかとれなくて切り替えながら聴き比べることができていません。
 まぁ、BitPerfectで特に不満もなかったので無理に変えることもないのですが、先程のテクニカルノートを読むとなかなか素晴らしそうなフィルターなので、そのうちじっくりと聴き比べてみようと思います。

 なお、MQA対応ですが、今回のファームウェアのアップデートでMQAフルデコーダーとなるわけではないので、再生ソフトウェア側がMQAコアデコーダー機能を持ってないとMQAとしてのの再生はできません(単なるCD音源と同様には再生される)。
 MQAコアデコーダー機能を持つ再生ソフトウェアを持っていないので(無料のものは見つかりませんでした)試すことができないのが残念です。Volumioが対応してくれるとありがたいのですけどね。もっとも、MQAってどちらかというと定額制の音楽配信向けのファイル形式な気もするので、当面は利用する機会はなさそうですが。

2018年11月10日土曜日

魅力あるモチーフとは

足元
α6500 & SIGMA 16mm F1.4 DC DN

 同じような写真を何回も撮りたくなる、何故か飽きることがないモチーフってありますよね。
 そのたびに少しずつ周辺状況が変わり気分も変わるという場合もあるのですけれど、たとえあまり代わり映えしない感じがしても近くを通るたびに不思議とふらふらと近づいていって一枚二枚はシャッターを切ることになるようなモチーフのことです。
 いったいどこにその魅力があるのか?
 それがわかったら苦労はないのですが。

2018年11月4日日曜日

Flickrの無料プランの縮小化

陽だまりの天使たち
Ricoh GR

 FlickrがYahooからSmugMugに買収されたと知ったときから嫌な予感がしていたのですが、ついに無料版の容量制限が従来の1テラバイトから写真・動画合わせて1,000点までとなりました。
 今まで保存してきた写真が900枚弱ですので、もうしばらくは大丈夫ですが、移転先を考えなければならないようです。

 世知辛い世の中になりましたね。
 今まで鷹揚に過ぎただけなのかもしれませんが。

2018年10月14日日曜日

NiSiの可変NDフィルターを購入しました

都市の風景
α6500 & SIGMA 16mm F1.4 DC DN

 以前から欲しかった可変式のNDフィルターを購入しました。
 今回購入したのはNiSiというメーカーのものです。
 可変NDフィルターは安いのから高いのまでいろいろあります。でも、安いのは色被りが激しく、一方で定評のあるもの(Kenkoなど)はなかなかのお値段。
 使用頻度が高いのならまだしも購入の踏ん切りがつくのですが、そういうわけでもありません。可変式のNDフィルターはPLフィルターを2枚重ねた構造になっていまして、その片側を回すことで減光量を調整する仕組みです。PLフィルターは経年劣化するので、あまり使わないうちに駄目になっちゃうかと思うと、今まで二の足を踏んでいました。

 で、しばらく放っていたのですが、久しぶりに調べてみたら、ようやくほどほどの価格でなかなかの性能のものが出てきたので購入したというわけです。

 可変式のNDフィルターは昼間にシャッター速度を落としたいときにとても便利です。
 動画撮影でよく使われるようですが(動画でシャッター速度が上がりすぎるとカクカクした動きになっちゃうので)、静止画でも上の写真のように独特な表現になるので楽しいです。
 最近の手振れ補正がついたカメラで広角レンズを使えば、手持ちでもスローシャッターが使えますしね。

2018年10月8日月曜日

「Luminar2018」というRaw現像ソフトウェアを試してみたので感想など

ラーメン
α6500 & SIGMA 16mm F1.4 DC DN

 「Luminar2018」というRaw現像ソフトを試用してみたので感想を書いてみます。
 ダウンロードは「Luminar写真エディター – MacとPC対応のベスト写真編集ソフトウェア | Skylum (ex-Macphun)」からできます。
 試用期間は15日間です。

Luminarとは

 Lightroomなどと同じRaw現像ソフトウェアです。以前はMac版だけだったようですが、現在はWindows版もあります。

画像補正はすべてフィルターで

 Luminarは画像の補正はすべてフィルターを追加していく形で行います。Raw現像のソフトウェアの基本である露出補正、色温度の調整なども「RAW現像」というフィルターを追加して行います。シャープやノイズ軽減もフィルターです。
 基本的なRaw現像項目は Lightroom と似ていますので、Lightroomを使っている人にはわかりやすいと思います。
 これらの基本的な補正に加えて、Accent AiフィルターというLightroomの自動補正のようなフィルターや、オートン効果、クロスプロセス、ソフトフォーカスなどの特殊なフィルターも揃っています。

補正はプリセットの適用から

 Luminarの大きな特徴はプリセットにあります。
 一からフィルター類を追加して調整していくというよりも、いろいろとプリセットを試してみて好みの方向性のものをさらに調整することで、スピード感のある仕上げを行っていくことが狙いのソフトウェアであるように思います。
 ですので、上で述べたフィルター類をあらかじめセットしたプリセットが豊富に付属しているほか、公式サイトから有料・無料の各種のプリセットがダウンロードできます。
 もちろん自分でプリセットを作ることもできます。
 少々効果が強すぎるプリセットが多いのですが、プリセットの適用量をまとめて調整できるので使いやすいと思います。

レイヤー機能

 レイヤー機能があり、フィルターやプリセットを複数重ねることが可能です。
 また、レイヤーにはマスク機能があるので、部分的に適用することができます。

画像管理機能はなし

 画像管理機能はまったくありません。
 ただし、Lightroomのプラグインがあり、そこからLuminarで画像を開くことができるので、Lightroomを使っている人は困ることはないと思います。逆にこれ単体だと使いづらいです。
 なお、Lightroomから開く際は、ファイル > プラグインエクストラ > Transfer to Luminar 2018 で送るとRawファイルを開くことができます。他のサイトで、「他のツールで編集」から選択するように紹介していたところもありますが、これですとRawファイルを開くことはできません。

レンズ補正は手動のみ

 著名なRaw現像ソフトウェアの多くはレンズデータをしっかり集めていて(独自測定なりメーカー提携なり)、使用しているレンズに合わせた歪曲収差や周辺光量の補正が自動でできますが、Luminarにはそうした機能はありません(手動での補正はできます)。
 レンズによってはそうした補正を前提としたものもありますので(特に歪曲収差)、歪みがない画像を得たいときなどは不向きです。

総合評価

 レンズ補正がないのが残念ですが、価格も安いですし(公式サイトで購入すると6,888円)、他のソフトウェアにはない機能もあるので(オートン効果など)、もう少し試用して大きな不具合がなかったら購入すると思います。