2020年6月6日土曜日

VANKYOの格安プロジェクター「V630」を購入しましたので感想など

セダムの花
α6500 & SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO Art

 VANKYOのプロジェクター「V630」を購入しました。
 コストパフォマンスが売りの、いわゆる中華プロジェクターです。
 フルHD(1920✕1080)で、2万円程度(私が買ったときは)とプロジェクターも安くなったものです。

 プレイヤーは「Fire TV Stick 4K」を使用しています。
 V630には、映像ソース用のUSB端子とは別に、Fire Stickなどの電源供給に使えるUSB端子がついていますので、コード類はすっきりまとめられます。

 同程度の価格帯のプロジェクターと比較しての特徴として、台形補正が垂直方向きだけでなく水平方向も45度まであります。
 ただし、縦向きは光学的に補正しているようですが(本体上部にピント調整と並んで補正用の回転ノブがあるのでたぶんそうだと思う)、横向きはデジタル補正しかないので、角度がきつくなるとおそらく周辺はピントがずれてくるのではないかと思います。

 短焦点プロジェクーではないので、投影面までの距離はそれなりに必要となります。最短1.6mで50インチぐらいの映写サイズになるようです。推奨は3mで90インチとのこと。
 光学ズームはありませんが、デジタル的に縮小して投影することはできます。

 うちの場合、プロジェクターは常に設置しておくわけではないので、観たいときは手持ちのカメラ用三脚に三脚テーブル台をつけてプロジェクター用の台にして、その上に置いています。

 画質面は高級なプロジェクターで観たことがないので比較のしようもないのですが、部屋を暗くしてみれば、壁への投影でも十分満足です。

 排気音はそれなりにしますが、映画が始まってしまえば特に気になりませんでした。
 ちなみに音声はFire TV StickからBluetoothでオーディオに流しています。
 Fire TV Stick 4K → TaoTronics Bluetooth トランスミッター & レシーバー → DAC兼プリメインアンプ A-70DA → スピーカー という流れです。
 V630にもスピーカーがついているので、そのままでも音は出るのですが、当然のことながらちゃんとしたアンプとスピーカーで流した方が音は良いです。
 ただ、V630のスピーカーもそんなに悪くはなく普通に聴ける音だと思います。

 総じて、価格に対する満足度はとても高いです。
 この上を狙うのなら、本体は4K対応で、スクリーンなどもちゃんとしたものを揃えないと向上を体感できなさそうな気がします。

2020年5月16日土曜日

紫陽花「May Morning」

紫陽花
α6500 & Mitakon 35mm f/0.95

 母の日に紫陽花、というのはカーネーションに飽きがきた人が増えてきたからなのか、このところ増えてきたように思います。
 それとも、私が知らなかっただけで、昔からある習慣なのかな。

 写真の紫陽花は「May Morning」という品種。
 涼し気なブルーが美しいです。

2020年4月25日土曜日

久しぶりに SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO Art で撮影

花


α6500 & SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO Art

 外出がままならないので、前回に引き続きベランダでの花撮影。

 今回は、SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO Artでの撮影です。そういえば前回のMitakonに引き続き、これも使うのは久しぶりだな。

 Sigmaの70mmマクロといえば、先代は「カミソリマクロ」という異名がありましたが、このレンズもやっぱりシャープなレンズです。
 おまけに価格もお手頃だし、文句のつけようがない素敵なレンズです。

“”

2020年4月19日日曜日

久しぶりに Mitakon 35mm f/0.95 で撮影

花
NEX-6 & Mitakon 35mm f/0.95

 久しぶりにMitakon 35mm f/0.95 を使って撮影。
 マニュアルフォーカスですが、デジタルだと撮影時に画面を拡大してピントを確認できるのがありがたいですね。

 APS-C向けのレンズなので口径のわりにサイズは小振りですが、大口径レンズらしいガラスの塊という感じのずっしりと密度のあるレンズです。
 最短撮影距離30cmと結構寄れます。

 開放近接ですと少々滲みが出ますが、それはそれでよい味になると思います。
 モノクロにしても良い感じになりそう。

 ちなみに、これの新型が中一光学の「SPEEDMASTER 35mm F0.95 II 」(MitakonではなくOEM先の中一光学のブランドでの販売)になります。
 こちらの方が少し軽く、サイズもコンパクトになっています。
 画質面でも開放での滲みなどが減り、よりシャープになっているようです。

 でも、個人的には初代の写りの方が好みだったり。

2020年4月14日火曜日

Raspberry Pi 4 Model B を購入しました

ランチ
Ricoh GR

 Raspberry Pi 4 Model B/4GBを購入しました。Volumio2 で運用してた Tinkerboard のうち1台の調子が悪くなり、突然電源が落ちたりするようになったためです(もしかすると本体ではなく電源の問題かも)。

 Volumio2 で使用していて Raspberry Pi 3 と比較して良いところは、USB 3.0/Gigabit Ethernet対応となり、加えて USB と Ethenet のバスの共有がなくなったこと。SoC の高速化もあり、NAS からのライブラリの構築が速くなりました。ちゃんと比べたわけではありませんが、DXD や DSD256 などの大きなファイルを再生(再生開始までのバッファの読み込み)などにも好影響がありそうです。
 ちなみに残念なところは消費電力の増加。発熱も大きそうなのでファン付きのケースを購入しています。

 

2020年3月22日日曜日

サクラサク

桜
α6500 & 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28

 谷中霊園の桜も少しずつ咲き始めています。

2020年2月15日土曜日

WindowsでMyShogi(『将棋神やねうら王』のオープンソース版)をビルドしてみる

デザート
Ricoh GR

 前回の記事(「MyShogi(『将棋神やねうら王』のオープンソース版)の導入方法」)に書いたように、MyShogi はソースからビルドせずともとりあえず使うことは可能なわけなのですが、こちらの記事(「Visual Studio 2017で将棋神やねうら王をビルドする | えむいーさんは今日も頑張るよ」)を参考に試しにビルドしてみたら、プログラミング知識ほぼゼロでもとりあえずビルドてきたので、手順について御紹介。
 Weindows 10でのビルドです。

  1. 「Visual Studio 2019」をインストール
    Visual Studio 2019 for Windows および Mac のダウンロード」からVisual Studio 2019をダウンロードしてインストール。ダウンロードするのは無料のCommunity版で大丈夫。
    参考にした記事では2017版を使用していたが、新しい方が良かろうということでこちらを選択。
    MyShogiはC#で書かれているので、インストール画面では「.NET デスクトップ開発」を選択。
    ちなみに一連の作業でもっとも時間がかかるのはこのインストール作業。待つだけだけど。

  2. 「WiX Toolset v3.11.1」をインストール
    Release WiX Toolset v3.11.1 · wixtoolset/wix3 · GitHub」から「wix311.exe
    」をダウンロードしてインストール。
    Wix311を実行するには「.NET Framework 3.5」が必要なので、入っていなければ「Download Microsoft .NET Framework 3.5 Service pack 1 (Full Package) from Official Microsoft Download Center」からダウンロードしてインストール。

  3. 「Wix Toolset Visual Studio 2019 Extension」をインストール
    Wix Toolset Visual Studio 2019 Extension - Visual Studio Marketplaceからダウンロードしてインストール。

  4. 「MyShogi」のソースコードをダウンロード
    GitHub - yaneurao/MyShogi: マイナビさんから発売した『将棋神やねうら王』(2018年発売)の将棋用GUIです。」からMyShogiのソースコードをダウンロード。「Clone or download」のボタンからzipファイルをダウンロードして適当なフォルダに解凍しおく。

  5. ソースコードを開く
    解凍したMyShogi-masterの中のMyshogi.slnをダブルクリックして開く。

  6. ビルドする
    ツールバーの「Debug」というところを「Release」に変更してからメニューの「ビルド」→「MyShogiのビルド」をクリック。
    しばらくすると MyShogi-master\MyShogi\bin\Release の中に MyShogi.exe、MyShogi.pdb、MyShogi.exe.configの3つファイルができあがる。

 以上、ビルドだけなら意外と難しくはなかったです。
 ちなみに、参考にした記事ではいろいろと警告が出たりしていたようですが、私の環境では特に何の警告もエラーもなくスムーズにビルドできました。Visual Studioが2019版だからでしょうかね?

 あとは前回の記事(「MyShogi(『将棋神やねうら王』のオープンソース版)の導入方法」)を参考に画像素材やら思考エンジンやらを集めれば使えるようになります。

2020年2月11日火曜日

MyShogi(『将棋神やねうら王』のオープンソース版)の導入方法

シャラン鴨
Ricoh GR

 以前から気になっていた将棋思考エンジン用GUIである「MyShogi」(市販ソフトウェアの『将棋神やねうら王』のオープンソース版)。
 プログラミングの知識はほぼゼロな自分がソースコードからビルドするのは大変だし、画像素材などは自力で用意しなくてはいけないし、ちょっとハードルが高いと思って使うのを諦めていたのですが、いろいろと検索してみると自分でビルドせずともそれなりに使用できる環境が整うことが判ったので、ご紹介。

 まぁ、「将棋所」とか「ShogiGUI」とか無料で高機能な将棋思考エンジン用GUIソフトがある中で、わざわざここまで苦労して使う必要があるのかというと、なかなか悩ましいところではありますが。

 なお、以下は将棋所やShogiGUIを自分でセットアップできる方を対象にした説明となります。

最終的なフォルダ構成(起動前)

MyShogi
│ MyShogi.exe
│ MyShogi.pdb
├─book
│  定跡ファイル
├─engine
│ ├各思考エンジンのフォルダ
│ │ 思考エンジンファイル
│ │ engine_define.xml
│ │ engine_options.txt
│ │ banner.png
├─eval
│ ├各評価関数のフォルダ
│ │ 評価関数ファイル
├─html
│  CommercialVersion2018.txt
├─image
│ ├game_effect
│ │ 画像ファイル
│ ├setting_dialog
│ │ 画像ファイル
│  画像ファイル
├─sound
│ ├koma
│ │ 音声ファイル
│ ├takemata
│ │ 音声ファイル

セットアップ手順

  1. 『将棋神やねうら王』update1.3とupdate2をダウンロードする。
    Releases · yaneurao/MyShogi · GitHub
  2. 『将棋神やねうら王』Update3までの遊戯施設その2 | やねうら王 公式サイト」からV1.40をダウンロードする。
  3. 適当なフォルダを作り、解凍したファイルを上のフォルダ構成を参考にファイルをコピーする(古いものから順に入れて新しいもので上書きしていく)。
  4. 画像素材をダウンロードし「image」フォルダに解凍したファイルをコピーする。
    GitHub - jnory/MyShogiImages: フリー画像のみで構成されたMyShogi用画像集
    「Clone or download」というボタンをクリックしてzipファイルをダウンロードする。以下GitHubからのダウンロードは同様に。
  5. 好きな思考エンジンと評価関数を用意して、それぞれ「engine」と「eval」フォルダ内にフォルダを作り(フォルダ名は半角文字のみ使用)、入れる。
  6. 「engine」フォルダ内の「komadoku2020」フォルダ(V1.40からコピーしたもの)内にある「engine_define.xml」と「engine_options.txt」を思考エンジンを入れたフォルダにコピーする。
  7. 「engine_define.xml」をテキストエディタで開き、<Description>~</Description>、<DescriptionSimple>~</DescriptionSimple>、<DisplayName>~</DisplayName>、<EngineExeName>~</EngineExeName>を用意した思考エンジンに合わせて書き換える。
  8. 「engine_options.txt」をテキストエディタで開き、option name EvalDir type string default ../../eval/qhapaq2018_kpptの”qhapaq2018_kppt”部分を用意した評価関数を入れたフォルダ名に書き換える。
  9. 思考エンジンのファイル名を自分のパソコンのCPUに合わせて書き換える。
    例:「YaneuraOu2018NNUE_tournament.exe」→「YaneuraOu2018NNUE_tournament_avx2.exe」
    (「komadoku2020」のフォルダ内をみるとCPUの世代に合わせて複数の実行ファイルが用意されている。MyShogiが使用環境に合わせて自動で判別して使い分けている様子)
  10. 定跡ファイルを用意し、「book」フォルダを作って入れる(上のフォルダ構成を参照)。

 以下はお好みに応じて。

  1. htmlというフォルダを作り、中に「CommercialVersion2018.txt」というファイルを作る(中身は空でOK)。
    このファイルがあると棋譜読み上げなどの機能が使えるようになる。棋譜読み上げなどが不要なら作らなくてよい。
  2. 音声素材をダウンロードし「sound」フォルダにコピーする。
    GitHub - matarillo/MyShogiSound: Sound files for https://github.com/yaneurao/MyShogi
  3. 「komadoku2020」内にある「banner.png」を参考に各思考エンジン用のバナーを作成する(なくても動く)。

使い方

 MyShogi.exeを実行すると起動。
 思考エンジンは「engine」フォルダ内にあるものが自動で読み込まれるので手動で追加する必要はありません。
 あとは適当にメニューをいじればわかると思います。
 対局開始してエラーが出たときは「engine_define.xml」、「engine_options.txt」の書き換えミスや、思考エンジンのファイル名の書き換えミスを疑ってみてください。検討ウィンドウのエンジン初期化時の表示などがエラー原因究明の参考になります。

MyShogiの感想

  • 思考エンジンのオプション設定の意味が記載されているのでわかりやすい。
  • 思考エンジンのオプション設定の際、全エンジン共通の設定と個別エンジン毎の設定の使い分けができるので(例えば使用する定跡ファイルだけ変えて後の設定は共通にするなど)、新規エンジンの追加が楽。
  • 将棋所のリーグ戦機能があるといいなぁ。

最後に

 開発者の皆様、画像や音声の素材を公開していただいた皆様に感謝いたします。

2020年2月9日日曜日

foobar2000とVolumioでネットワークオーディオ

前置き

 私の現在のメインの音楽再生環境は次のとおりです。

 Tinker BoardはRaspberry Piのようないわゆるシングルボードコンピュータです。
 40ピンのGPIOはRaspberry Pi互換で、Raspberry Piに比べると演算速度やらLANの速度やらその他もろもろ性能が高いです。
 Volumioはこうしたシングルボードコンピュータ用の音楽再生専用のOS。

 VolumioはWebブラウザからアクセスすればプレーヤーとして使えます。
 音楽ファイルのフォルダ構成さえちゃんとしておけば、自分が聴きたい曲を探すのはさして難しくありません(ファイルが増えてくると動作速度が少々心配ですが)。
 ただ、例えば、「flacの192kHzのファイルから選んで再生したい」とか、「DSD128のファイルを再生したい」とか、細かいフィルタリングはちょっと難しい。

 そういうときはパソコンからfoobar2000という音楽プレーヤーを使います。
 Volumioは標準でUPnPレンダラーの機能を持っています。
 foobar2000もコンポーネントを入れればUPnP対応になるので、foobar2000からVolumioをレンダラーとして再生できるわけです。最初の設定には少々手間がかかりますが、一度設定してしまえばあとは簡単。DSDのネイティブ再生も可能です。

 foobar2000の設定は、条件にあったファイルをすぐに探せるよう、上のスクリーンショットのようにフィルタリング機能重視にしています。
 コーデックの種類、サンプルレート、音楽の種類、アーティスト名、アルバム名、チャンネル数などでフィルタリングが簡単にかけられるようになっています。

使用コンポーネント

 foobar2000のコンポーネントは簡単にいうと機能拡張用のプラグインのこと。
 現在、私が使用しているコンポーネントは次のとおりです。
 設定の仕方については、それぞれの参考urlをご覧ください。

2020年2月1日土曜日

Todo

テリーヌ


 Todoリストに縛られる人生に飽き飽きすることもありますが、脳の衰えのことを考えると、なければなければないで途方にくれることが容易に想像される今日この頃。
 したいことリスト、なら愉しい気分になるのでしょうけどね。